XEM(NEM)って何?

投資生活@田舎です。

 

 

 

 

前の記事で紹介したXEMですが、「Zaif」という取引所で購入できます。

今では、同じく前の記事で紹介した「コインチェック」でもNEMという名前で同じ通貨を購入できるようになってますが、最初に取り扱いをしていたのは「Zaif」であり、私もここの取引所で購入し、後生大事に持ち続けています。

ネム(NEM)とは、New Economy Movementの略であり、新しい経済に革新を与える物という意味でしょうか、画期的なプロジェクトなようです。

 


<Sponsered Link>




 

 

 

ここの会社は大阪にあります、すごいですよね。

東京に大企業が集中している中、最先端の仮想通貨を扱う企業が大阪にあり、人気になってるんです。私の住む西日本にこういう企業があるのは、嬉しく思います。

ところでXEMの詳細ですが、他にも紹介サイトはいっぱいありここでは説明は省略しますが、上記「Zaif」の運営元であるテックビューロ株式会社はXEMと深い関係にあります。日本と縁の深い仮想通貨、ということで応援したくなる仮想通貨です。

ここの取引所は日本で唯一(かな?)、「トークン」という、ブロックチェーン技術を使って独自に発行された仮想通貨の一種(うまく説明できず申し訳ありません)も取り扱っています。

あと、画像にもあります通り、絵が可愛いですよね、このイメージを応用していろんなキャラクターを作成している、XEMファンもネット上にたくさんいらっしゃいます。

残念ながら、私には絵心がなく、美少女キャラやイラストを披露することは出来ません。お絵描きソフトならあるんですけど・・・。

この取引所の特徴として、他にも「MONACOIN」など、他の国内取引所にはない様々な仮想通貨を取引できますので、貴重な存在といえます。私も口座を開設していろいろと取引させていただきました。

いろんな通貨があり玉石混合ですが、宝くじ感覚で少額投資するには向いているのかもしれません、私はここで「PEPECASH」というトークンで取引をし、マイナー通貨らしい不規則な(私には分からない)上昇でビットコインを増やすことができました。

無くなってもいいくらいの余裕資金で投資するのがちょうどいいように思います。 仮想通貨には上がる根拠も下がる根拠も、正直見つけにくいです。

では何に基づいて投資するのでしょうか? 何ででしょう・・・。ただ漠然と上がる、仮想通貨市場は当面成長を続ける、その大いなる期待が全てのように感じます。 自分がそうですから。

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください