XEMの暴落は何だったのか?

投資生活@田舎です。

突然ですが、びっくりしたので慌てて調べてみた結果を投稿します。

XEMが突然の暴落に見舞われています・・・、原因が分かりませんが暴落の主戦場はBITTREXでした。

左の矢印が最後の大きな下げを表しており、1XEM = 0.000055BTC です。

また右の矢印の下が、0.000055に置かれたとんでもない売り板、

この時点で177万!、えっ!!!、です。(通常は、せいぜい、1万とか・・・)

にわかに信じがたかった(XEMは主力通貨です)ので、Zaifを即調べてみました。

こちらは、国内でXEMと一番関係の深い、Zaifの取引画面です。

たしかに下げてますが、0.00005704 が下限の板になってます。

とんでもない乖離(これを利用すれば、簡単に儲かるのですが、XEMの取引所間移動にかかる時間を考慮すると危険です)であることが分かります。

これで利益を出すやり方を「鞘取り(アービトラージ)」と言いますが、リスクは非常に高いです。

ここで、BITTREXの取引画面を観察してみます。

 

怒涛の買戻しが始まってました・・・。

これは、その買い板の一部(途中)ですが、同じ数字が途中延々と続いていました。

個人なはずもなく・・・、自動?、怪しい。

やがて、35分に及ぶ劇場が終わり、0.000055 の板は無くなりました。

矢印がそれを表しています。

と、思っていたのですが・・・、

売り板を調べていくと、あともう1枚3桁(100万以上の板)が・・・。

最初の下げから追ってみていくと流れがよく分かります。

左の矢印から追って見てください。

 

 

①0.000058 へ巨大な指し値で売り、買戻しが進む、が・・・

②0.000057 へ巨大な指し値は値を下げ、買戻し勢力力尽き・・・

③0.000055 へ巨大な指し値は一気にスライド、状況は上記のとおり一旦大きく戻すが

④0.000056 へ巨大な指し値が再度降臨 → 0.000055  → 0.000054 へ

再度、売り板を調べてみましたが、もうさすがに3桁はもちろん、2桁の板もありませんでした。

XEMの上昇を見込んで大量に仕込んでいたものを、一気に利確するために強引に売り板をスライドさせてきたのか?

XEMの市場を荒らすためには見えませんでした、なんだったのでしょうか、(´;ω;`)ウゥゥ。

おもしろい生中継を見ることが出来た、と思うことにします。
<Sponsered Link>



きりがないので、観察を中断しました。

少し落ち着いたようです、何とか明日の朝には元の水準まで戻って欲しいですね。

 

今日は、ビットコインの下落で市場マインドが悪いです(冷え切っています)ね、なかなか落ち着いてくれません。

こういう日は放置・・・、に限りますね、┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

ちなみに・・・、Zaifの出来高は非常に少ないので・・・、もし・・・、やめておきましょう。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください