MONA、BTC、ALIS、BCHファイト!

投資生活@田舎です。

3日夜に投稿(記事はこちら)したのもつかの間、一気に2,000円超え( ^ω^)・・・

MONAの勢いはどこまで続くのでしょうか?

BTCも値を飛ばしています、先物上場を控えこちらも、もはや暴走か・・・

そして忘れてならない、応援対象のALIS、しばらく調整を続けていましたが、

MONAに引きずられるかのごとく上昇を開始しています。

 

 

 

 

 

これは、最近1週間の1時間足チャートです。

日本の仮想通貨を日本人がボーナスで買っているのでしょうか? ( ´艸`)

 

10月から繰り返し、私の取引対象としてご紹介してきた仮想通貨が上昇しているには大変うれしい限りです。

 

ただ、BCHはまだ少し、高値で安定するまでには時間がかかりそうですね。

円ベースだと十分な上昇には違いないのですが、やはり、BTC建てでヨコヨコ以上でないと

アルトコインでトレードしている意味ないですから。

でもこちらも、ALIS同様、来年に向けて信じてガチホですので、目先の上げ下げは

あまり気にしてません。

 

普通のサラリーマンである私にとって、高値で売っても、安値で買い戻すタイミングが

いつでもとれるわけではないので仕方ありません。

夏休みがあれば、毎日パソコンに向かって取引していると思います。

もっと利益が出ていると思うのですが、(´;ω;`)ウゥゥ

 


<Sponsered Link>



 

仮想通貨市場が急速に拡大して、新たな資金が参入すれば基本的にはBTCは上昇します。

でも油断は禁物です、以前の記事にも繰り返し記載してますが、BTCの先物が出るということは

売り目線で一気に世界の巨大資本が参入にしてきてもおかしくない、という事を意味しています。

彼らは、下がっても利益が出ればそれで全く問題ないのです。

BTCの暴落・暴騰に、アルトコインが飲み込まれてしまうパターンが一番怖いです。

巨大金融機関は、上げ下げによるボラティリティこそが、利益の源泉になるからです。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください