ICOは日本で普及するのか?

投資生活@田舎です。

以前より、ICOへの投資状況については時々投稿させていただいており、結構リスクがあるな!とは感じて頂けているのではないでしょうか?

私がリスク(ICO盗難事件)を呼び込んでいるのでしょうか?、いろいろと災難が降りかかってくるのですが・・・(´;ω;`)ウゥゥ。

この盗難にあったICO案件は何とかこの事件を乗り越えて無事開発も進んでいる(他の過去参加案件と合わせたご紹介記事はこちら)ようで、早く大手取引所(私が開設済の取引所を希望)に上場して欲しいものです。

リスクの話をすると本当に表面化しそうで嫌なのですが、リスクはきちんと向き合ってあらかじめ対処方針を決めておくことが大事かな、と思ってます。

余裕資金(最悪無くなっても冷静でいられる水準)で投資する、これが一番かと思いますが、ときに勢いで参加する(リスクをとる)こともしなければ、資産は一気には増えないようにも感じますので、この辺はやはり自己責任というか、自身のお考え次第になりますよね、やっぱり。

そういう私は過去に何度か、株式市場の信用取引で痛い目に合っており、今でも仮想通貨の信用取引には心理的に参加出来てません、

┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

ただ一方で株式市場からは、株主優待とか、IPO抽選で何度も美味しい体験もさせてもらってます。

株式のIPOに該当するのは、仮想通貨投資ではICO(Initial Coin Offering)であり、海外で実施されるのがほとんどで参加にあたっては、英語が一つの障壁になっているのは間違いないかと思います。

こちらは日本発のICO案件(登録サイトはこちら)の画像になります。

日本人が開発しているのですから、開発状況も日本式に丁寧に情報開示してもらえるようです。


<Sponsered Link>



ITmedia NEWS(IT好きな人なら絶対閲覧してる情報サイト)でも紹介されて(外部リンクはこちら)います。

ALISのサイトによれば、

・良質な情報の発掘 → 多くの人々が価値を認めるコンテンツを投稿・いち早く評価した人に対して、 より多くのALISトークンを配布します。

・プラットフォーム価値の還元 → ALISプラットフォームが評価されるほどALISトークンの価値も向上し、貢献した人々に還元されます。

・高信頼・低コストの両立 → ブロックチェーン技術を基軸に据えることでデータの高信頼性と低コストの両方を実現します。 結果として、ALISに貢献する人への報酬を最大化します。

とあります。

ということは、みんなで盛り上げれば盛り上がるほど、このプロジェクトも、コンテンツ投稿者、評価者も成功する、ということですね。

私個人的には日本発の仕組みとして、ぜひ応援したいです。(参加判断は慎重に・・・)

先日投稿した記事(こちら)でご紹介させていただいているCOMSAも日本発のICO(プラットフォーム)案件であり、期待度MAXです。

尚、ICOへの参加にあたっては、ETH(イーサリアム)が必要になりますので、どこかの取引所で調達する必要があります。

ビットコイン、イーサリアムはどこの取引所でも調達可能かと思いますが、ICOへの参加にあたっては必ず、取引所ではない自分のウォレットから送付ください。

ICO案件では主催者側からも警告メッセージが出ることが多いです。

このALISでも警告と同時に「ALISトークンをMyEtherWalletで購入する方法について(外部リンクはこちら)」で丁寧にサポートしてくれています。

こういうところも日本人によるサポート(きめ細かい気配り)ですよね、初心者に優しいのではないでしょうか?

MyEtherWalletは、ICOへ参加するにあたっては必須のアイテムとも言えます、まだ未作成であれば作成だけでもしておいて損はないかと思います。

 

ちなみに、私はイーサリアムを最初に購入したのがbitFlyerでしたので、以後ずっとイーサリアム調達はこちらを利用してます。

TVCMも行っている大手国内取引所になりますので、もし口座開設がまだであればこの機会に検討されてみてはいかがでしょうか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA