ICOの経過報告(8/30)

投資生活@田舎です。

最近すっかり、ICO案件の投稿が減り、クラウドマイニングの報告が増えてしまいました。

ビットコイン分裂騒動もあり、またICO人気の急拡大とICOのリスクもありで、新規応募を控えていたものです。

正直ちょっと手広くやりすぎたかな、と感じています・・・(;^_^A 。

ICO案件では、ETH(イーサリアム)を使って参加することがほとんどですが、ICO参加時から取引所上場時まで間が開くとETHの価値が大きく変わっていて、結果的にICO参加時よりBTCベースで価値が上がる場合と、そのままBTCに換算して持っておいた方が良かったというケースがあります。

これは、ETHで参加しても、取引所で上場する場合は普通、対BTCペアで上場するので売却するとBTCの形で投資資金を回収することになるからです。

ここですぐにETHに変換すれば、ICO参加時との比較ができるのですが普通・・・、しないですよね。

ちなみに、8月29日時点のETH BTCの日足チャートを貼っておきます。

これから秋に向けての再上昇を期待させる形状(私の主観です)になってますが、当然保証(根拠)なし、です。


<Sponsered Link>



【ICO参加中案件】

・WTT ⇒ 過去何度か(直近の記事はこちら)ご紹介させていただいていましたが、ICOも終わり実需系ICO案件として今後の展開を見守ろうと思ってます。

→ 新しい動きが出ましたら、改めてご紹介したいと思います。

・DAO.Casino ⇒ こちらは、何事もなく無事にICOも終わり、上場待ちになります。

→ これは、開発チームのブログになります。

気長に待ってます・・・。

このICO案件は投稿漏れ・・・(´;ω;`)ウゥゥ、です。

 

┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

 

 

 

・IMMLA ⇒ 前回の投稿(記事はこちら)で、プレICO案件であることをご紹介しました。

→ こちらは、ICO案件の8月29日時点のカウントダウンサイト(外部リンクはこちら)の画面です。

8月29日からあと、17日ちょっと(左下に青字で記載)でICO開始とあります。

前回参加がプレですので、次回のICO終了後に上場を待つことになります。

まあどうなるか分かりませんが、気長に待ってます、忘れそう・・・(´;ω;`)ウゥゥ。

 

・CoinDASH ⇒ さあ、これが事件でした(ぞっとした記事はこちら)、本当に焦りました、

(´;ω;`)ウゥゥ。

トークンセールのCoinDash公式サイト上に表示されたICO資金の受付アドレス(ETH)が、ハッカーが準備していた偽のアドレスに置き換えられる(ICO開始後すぐでした)、ICO参加者の応募資金が盗難されるという大事件が発生したのです。

→ そして私はこのハッキングの被害者の一人(当事者)なのでした、今でも信じられません。

前回の記事でも記載していますが、この大事件の後の主催者からのフォローが素晴らしかったのです。

最終的にICO応募者の方を救済したり、ICOで予定通り開発資金を集められなかったにもかかわらず、その後の開発状況をこまめにメールでICO参加者に連絡くれたり、そして開発自体も順調に進んでいるようですし・・・。

CoinDASHのニュースサイト画像を貼り付けておきます。

こちらも気長に待ちます、しっかり開発を完了させて出来る限り大きな取引所に上場して高値を付けて欲しいものです。

 

これは、私のMyEtherWallet内のトークン残高です。

まだICO中のIMMLAとWTT(サイト内で所有中)は、当然ながら反映されてません。

BET(DAO.Casino)

CDT(CoinDASH)

これらが価値を持つまで気長にWalletに保管しておきます。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください