ICOには逆風でしょうね・・・

投資生活@田舎です。
まだ今週終わってませんが・・・。

いやぁ、イーサリアムの下げには参りましたね、ICO用資金として買われていたのは周知の事実で、大型ICO案件が終わればある程度下げるだろう、とは思っていたものの、きつかったですね。

20%以上の下げでした。

しかも今週、おなじみのビットコイン暴落の週でしたので、ダブルパンチでした。何とか、今は持ち直しているものの、やはり戻り売りが待っていますね。落ち着いて欲しいところです。

<Sponsered Link>





リップルについては、ETHに比べると戻りが弱いようです。同じ期間のETHチャートを並べると一目瞭然ですね。

でも、リップルはこれから材料も出てくるかと思いますので、手放すつもりは全くないです。

SBI Virtual Currencies(外部サイトへのリンク)で取り扱われるようですし、私含め、SBIのサービス開始を心待ちにしている人が多いのではないでしょうか?

私のメイン口座はSBIですので、口座間の資金移動がスムースになることに期待です。

 

 

 

 

ちなみXEMですが、XRP同様、戻りが弱いですね。

何か強気になれる材料がないと、しばらく厳しいかもしれません。

こちらもリップル同様手放す気はないのですが、最近のチャートは元気がなく、寂しい限りです。

 

ビットコインの断続的な暴落については、「以前の記事」でも少し触れました。

 

 

うがった見方かもしれませんが、株式の世界では考えられない異常なボラティリティであり、もし意図を持って市場混乱を引き起こそうとしている勢力がいたならば、こんなに美味しい市場はないだろうな、と思ってます。

株式市場に比べれば極めて少ない投機資金で、仮想通貨市場は大きく価格変動が起こります。しかも、小さな取引所ならなおさらでしょう。いろんな意味で、仮想通貨市場はこれから整備が進むものであり、今後も激変が続くことと思います。何とか、その激動の波から沈むことなく、当初の投入資金を大きく増やしたいものです。

ビットコインについては、大きな分裂問題が一向に解決する気配を見せていないため、予断を許しません。ただ、この問題さえクリアになる道筋が明確になれば、再び上昇の勢いを取り戻す日も近いのではないでしょうか?

短期的には何が起こるか分からない怖さはあります、大きな下げからの戻しの中で少し仮想通貨の種類を絞るべく、戻りが弱い通貨を比較的下げ相場に強い通貨に資金を回しました。結果としてやむなくマイナス(購入時レートより低いレート)で他の通貨に交換したものもあります。

まあ、焼石に水でしょうけどね、┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください