ICOですが・・・

投資生活@田舎です。

この「STATUS」からでしょうか?

一気にICOというものが、世間?、ネット上に氾濫したような気がします。

私は仮想通貨の存在 を知ってからまだ5か月足らずではありますが・・・。

これほどPR(販売促進?)してるICOを目にしたのは初めてです。

 


<Sponsered Link>




特にICOは気にしてなかった私も、やたらと目に付くこの「STATUS」についてネット上を検索してみたら、出てくるわ、出てくるわ、明らかに仮想通貨自体初めてなんではないだろうか? っていう方々が、ツイッター上で購入方法などを質問してました。

当初私もこのICOに参加しようと、「MyEterWallet」へETHを送付し、短時間で送付できるように設定を変えよう、などと準備に入ってました。

ただあまりに人気が過熱していて、しかも、日本だけでも1万人以上の方が参加するんではなかろうか、という熱気を感じましたので、「こりゃ無理」ってあきらめちゃいました。(正直に言えば、パソコンの前で悩み続けて気が付けばスタート時刻を過ぎていたのでした)

何しろ世界中から参加するわけですし、ETHを送付するだけでも状況によって何十分もかかってしまうことは経験済でしたので・・・。

あとは、株式の世界でよくある、「上場ゴール」、ICOで言えば、「販売したトークンが取引所で売買開始されるときがゴール」みたいな嫌な予感がしたので・・・。 考えすぎでしょうか?

実は「SNM」というトークンがつい先日、Liqui(海外取引所) に上場しました。

これも”人気が過熱している”とネットに出ていたものの、「あまりに良いことばかり紹介されている」とのネット上のコメントを見つけ、「スーパーコンピュータプロジェクトSONM」のICOへは参加を見送っていました。(参加してても買えていたかどうか分かりませんが)

左は現時点での上場後からのチャートです。少し見づらいですが・・・、すぐに売っていればそれなりに儲かっていたのでしょうね・・・。でも今の値段は・・・、中長期で見ないと分からないので何とも言えません。まだ売買が可能になったばかりですしね、┐(´∀`)┌ヤレヤレ。 投資判断は自己責任です。

今まで紹介した流れがあって、実は今週21日夜に、左の「civic」というICOに参加する気満々で準備していたのですが・・・。

残念、全く買えませんでした。

人気のあるICOはもう無理、と思ってたのですが、直近のICOを順に調べていると・・・。

かなりおもしろい、内容ではなく、ICOのやり方がおもしろい、ということに気づき、本気で参加モードになってパソコンの前でその時を待ってました。ICOに参加するには、この「civic」の認証技術を利用したアプリをスマホにインストールし、それが成功しないとICOにも参加できない、という仕組みでした。

しかも、いざ参加してみると、列に並ばされ、「あなたの番は、2万・・・です。あなたの前には約1万・・・人が並んでますのでお待ちください」みたいなテロップが・・・。

笑うしかありませんでした、そのまま朝まで放置しててもダメ、そして一時ICOが停止になり、再開後しばらくして終了・・・でした。

上場時にはきっと上がるでしょうね、でも後追いして儲かる(さらに上がる)かどうかは分かりません。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください