HashFlare.io(クラウドマイニング)について

投資生活@田舎です。

私はまだ本格的にはマイニングに手を出していません、よく分からないからだけですが・・・、┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

でも最新PCをこの春に購入したばかりで使いこなしてないので、PCパワーを有効活用したいです。

(´;ω;`)ウゥゥ


<Sponsered Link>




さて、マイニングについてですが、先日ICOの話題(記事はこちら)でもありましたとおり、非常に電力を必要とします。そのため、どんなに最新のPCを持っていてGPUを何枚刺していようが、とんでもない電力が必要でとんでもない電気代を払うことになります。やはり専用の設備を備えた専用センターを利用するしかないのかもしれません。

ところでこのICO、まだ終了しておらず(今月末で終了予定)、続報は8月になってからでしょうか・・・、でも私としては上場してもすぐには売却しないでしばらく追いかけるつもりです。これはこれで、結構面倒かも・・・。

さて、自分で行うマイニングや、マイニングに必要なセンター設備を貸し出すICO以外に、クラウドマイニングというカテゴリがあります。

HIPEと疑っているブロガーもいれば、運営会社がしっかりしていて安心だ、というブロガーもおられます。ICO同様、やってみないと正直分からないのがこの仮想通貨投資の世界です。先日のHYIP?記事(こちら)で回収した資金(BTC)がありますので、一度はあきらめた資金ということで少額突っ込んでいます。

7/25何とか(送金に手間取ってしまった・・・)、スタートです。

ちなみに送金に手間取ったのは、ビットコイン分裂問題で送金に時間がかかってしまったせいかと思われます。2時間以内に送付が完了しないと、エラー処理されるようで、実際エラーになり画面上には送付したBTCが反映されてませんでした。その後、問い合わせを行い、TXIDなど送付したデータを送付することでスタッフの方がマニュアル対応してくれました。

Scrypt ⇒ 25MH/s のみ購入しています。(0.1258BTC)

Scryptは、LTC(ライトコイン)のマイニングが可能です。

またSHA-256は、BTC(ビットコイン)のマイニングが可能ですが、分裂問題も控えているので、当面Scryptの方でいろいろ調べてみようと思います。

こちらが、翌日7/26(運用開始1日目)の画面です。

文字が小さくて申し訳ないですが、右下に現時点での利益見通しが表示されてます。

 

 

これを見ると、1か月で

0.01548BTC(月利12.3%)?、

見方合ってるのかな?

半年くらいで回収したいんですけど・・・。暗号通貨の採掘難度等により変動するので何とも言えないですね。

LTCが暴落とかすれば、まず回収は出来ないので投資した資金はあきらめるしかなくなります。絶対、余裕資金でやるべきですね。

あと、このHashFlare.ioというクラウドマイニングサイトの特徴として、簡単に「再投資」を選択することが出来ます。

この画面は、右上(小さくて見づらいですが)にある、「再投資」というボタンを押した際に出てくる画面です。

ここで「Reinvest XXXXX」を選択することで”XXXXX”への再投資が始まるようです。また時間を置いてチェックしてみます。

けっして推奨しているものではありません、お試し報告です。

もし、ハッシュフレアのサイトに興味がありましたら以下の画像からどうぞ。

HashFlare
投資は自己責任です。
<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA