GOLD(金)と仮想通貨

投資生活@田舎です。

少し変わったネタを・・・。

ビットコインに代表される仮想通貨は、特定の機関が発行する通貨ではないため、その価値を裏付ける資産は証明されていません。

逆に、特定の機関に縛られない「非中央集権」的なところが評価されているわけです。

この点に着目し、普遍的な価値の代表格であるGold(金)に裏付けされた仮想通貨を発行する動き(少し前の記事になりますが外部リンクはこちら)もあります。

金、Gold、たしかに地球上で普遍的な価値を持つ代表格と言えます。

ほかには、銀、Silver または プラチナ、Platinum でしょうか。

一度ずっしりと手に持ってみたいものです。

でも怖くて手元になんか置いておけないですよね、(;^_^A

 

そしてこれは、その通貨(CryptGLD)の購入画面です。

買えるみたいですね・・・。

購入を推奨しているわけではないので、ご注意を!

 

 

こちらは、Gold(ドルベース)の2006年3月からの長期(月足)チャートになります。

ここで注目点は・・・、

久しぶりに$1,300を超えてきています、北朝鮮問題の影響もありそうですが。

このまま2016年の高値を超えていくと、次は2011年の高値に向けて上昇を開始する可能性が出てきていますが、また跳ね返される可能性も高く要注意です。

本ブログは金投資がテーマではないので、それはさておき・・・。

仮想通貨との関係はどうでしょうか?


<Sponsered Link>



これは、2011年からの長期チャートになります。

比較しているのは

・ビットコインの対金価格比率(BTS_USD VS GOLD_USD)の月足チャート(右側の軸)

・GOLD_USD(数値表示はないですが左側の軸)の折れ線

の2つを重ね合わせたグラフです。

1BTCは、春先に1オンスのGOLD価格を超えて(右側軸の1を超えて)ニュースになりました。

このチャートに意味があるかどうかは分かりません・・・、(;^_^A。

これをどう見るかは個人個人の判断ですが、当然ながら見方は分かれるかと思います。

・ビットコインの適正価格とは?、GOLDとの乖離が大きくなる一方だが、一定の比率で金の価値と連動(修正)する動きが出るか?

→今後の動きへのヒントがあるかもしれませんので敢えて記載(残)します。

・法定通貨への不信感からビットコインが買われる動きもあるようだが、それなら金も上がらなければおかしいか?

→金、こればっかりは分かりません、表面的な需要と供給の関係だけでは動かない???。

それはさておき、金は持っていませんが銀は好きかも?

実は、純銀上場信託ETF(1542現物国内保管型)を少し購入してます。

理由はいろいろあるのですが、金(現物)と異なり税金処理の心配が要らないので・・・。

左のチャートは先ほどの金と同じ期間の月足チャートになります。

いかがでしょうか?

ピーク時期は当然一緒なのですが、上昇幅をご覧ください。

約3倍、ドルベースで・・・、上がる保証はありません。

話を元に戻します。

ちなみに、金と連動する仮想通貨(トークン)としては、DigixDAOがあります。

この通貨の上場来チャートを参考までに貼り付けておきます。

緑がUSDベース、橙がBTCベースです。

1g当たりの金の価値を表すトークンらしいので、BTCベースで見ても意味がありません。

現物の資産が基準ということは、BTC自体の価値が上昇していればBTCベースでは価格は下がることになるからです。

現物で持つより安全かもしれませんが・・・、金の保管責任、金への交換場所など課題は多いように感じますね。

 

なんだかよく分からない記事になってしまいましたが、私の妄想や趣味が混じってますので気になされずに・・・。

金と仮想通貨の関係が見えてくるのは、ずいぶん先になりそう(あと1~2年?)です。

金と連動する仮想通貨は=ビットコイン、とも限らない気もしますし、各国中央政府の仮想通貨市場への関与が日に日に増してきているのも気がかりです。

健全な仮想通貨市場の発展には、ある程度中央政府の管理が必要な気もしますが、非中央集権的な性格のはずだった仮想通貨は何処へ向かっていくのでしょうか?

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA