BTC分裂延期・・・、BCC(BCH)への期待は高まる

投資生活@田舎です。

今朝は驚きました・・・、HFを目前に控えたこの時点でのBTC分裂延期です。

2xへのHFに無理があったことを認めたようなものですし、

何のためのHFを進めようとしていたのか疑います!

ネット上にいっぱい情報が散乱しており、私も仮想通貨の技術的なことは詳しく分かりませんが、やはり相当胡散臭いですね。

ブロックチェーン技術自体は本当に素晴らしいもので、これからもどんどん世の中に拡がっていくでしょう。

ただし、仮想通貨については、その価値について本当に理解した上で市場が成長(機能)しているのか、怪しいと思われます。

今回は、その怪しさが表に出る一大イベントになるもの、と実は大いに期待していました。

でも資産を一気に減らすわけにはいきませんので、円とBCC(BCH)に資産を一時避難させていたのですが、ちょっと残念でした。

でも残しておいたアルトコインは上昇に転じましたので、まあよしとしましょう。

そして・・・、BCC(BCH)の動向からは目が離せません、上昇を続けています。

 

 

 

 

チャートは、日足になりますが、私には力強く見えてます。(個人的な見方です)

このBCC(BCH)ですが、実はHFを13日に控えています。

Difficulty Adjustment Algorithms:DAA(採掘難易度調整アルゴリズム)」を導入するためです。

これは、採掘難易度の急激な変化により、ハッシュレートが激しく変動して価格形成が不安定になるのを避けるための機能です。

このHFが無事成功すれば、BCC(BCH)はBTCを凌ぐ存在になるポテンシャルを秘めていることが、広く認知されることになるような気がしてます。

 

 

 

 

 

 

 

これはツイッター上の画面になります、最近はツイッターからの情報が一番新鮮で面白いですね。

ただ、ほんの一握りの仮想通貨投資家の方々の意見が内容の真偽にかかわらず、一瞬で拡散してますので注意が必要です。

まさに、自己責任で情報の吟味をする必要があるのですが、一攫千金のネタがいっぱい転がっているのも間違いないかと...


<Sponsered Link>



 

ちなみに・・・、「DigiShield」という独自のDifficulty調整アルゴリズムを持っているのが、6日(記事はこちら)にご紹介したDGBになります。

こちらも、「放置」と言いつつ、秘かに楽しみにしています。

 

 

 

 

大底判断は当たっていたのかな( ^ω^)・・・

いや、裏切られることも多々あるので、やはり完全放置にしておきます。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください