ALIS、これからも応援してます

投資生活@田舎です。

昨日の記事、ご覧いただいたでしょうか? MONAすごいですよね、しかも国産の仮想通貨です!

国産と言えば、9月4日に投稿(記事はこちら)した「ALIS」というICOがありました、覚えてらっしゃいますでしょうか?

ネット上では否定的な意見も散見され、ICOでは満額調達できず売れ残ったようですが、それでも1ヶ月で4.3億円調達したようです。

でも私としては国内での第一号ICO案件として応援するつもりで、他のICO案件と同じ量のETHを送付して参加しました。

 

 

 

その後ですが、一昨日「Cryptopia」に上場して0.00004BTCの高値を付け、その後は一服しています。

チャートは、上場後の15分足チャートです。

価格の妥当性、ICO期間中の9/中頃の1ETH=0.07BTCで計算してみます。

1ETH=2900ALISでICO実施してましたので、ICO参加者は

1ALIS=1ETH(=0.07BTC)/2900=0.00002414 BTC でALISを入手したことになります。

ETHの対BTCレートも大きく変動しますので、正確な比較は不可能ですので、大雑把な比較イメージになります。

また、BTC価格が大幅に上昇してますので、円ベースで比較した結果とはまた異なってきますが・・・。

他のICO案件と同じような価格推移になっているように見えますし、今後が楽しみな感じになってます。

他のアルトコインがボロボロな中、強いな、と正直思いました。どうやらICO参加者は海外も多かったようです。

開発はまだまだこれからですので、急がなくてもいいので良い製品を開発し、そしてもっと大きな取引所、国内の取引所に上場したらすごいですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

ALISのHPにある、ロードマップを載せておきます、赤い丸枠の中に来年は日本国内での上場を目指す、と記載されてます。

本当に実現したら、すごいです、日本のICOプラットフォームで上場するのではなく、海外の小さい取引所からスタートしての凱旋帰国?みたいなものです。

日本で開発し、日本で資金を調達し、次は日本に上場、そうなることを期待して、ICOから応援している私は当然ホールドします。


<Sponsered Link>



それにしても、BTCの異常な上昇・・・、アルトコインはBTCベースでは悲惨な状況です、

(´;ω;`)ウゥゥ。

円ベースで見ればトントン、な感じでしょうか。

納税も取引の都度、成立価格の円ベースへの課税なので、円ベースで売買タイミングを見るべきなのかもしれませんが、取引の都度円に換算したりするわけないので・・・。

税金の話はまたの機会に・・・、週末整理する予定です。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.