疲れますね、この世界は・・・

投資生活@田舎です。

おはようございます、週明け月曜夕方から一気に荒れましたね・・・、いつものごとく。

分かっているつもりではありましたが、

・株式投資のように取引時間に制約がない、寝ている間に天地がひっくり返っているかもしれない

・株式以上に中国からの影響が大きい、予想がつかない

・価値を裏付ける物差しがない、一般投資家には分からない

仮想通貨投資の世界ではどうしようもないことであり、自己責任において情報を収集し続けるしかない、とは思うのですが正直限界を感じます。

A:自分で徹底的に調べた一握りのアルトコインに投資して、長期放置(気にしない)

B:上昇が期待されるアルトコインを物色して頻繁にスイングトレードを繰り返す

さて、どちらが正解? お好み? 誰にも分からないですね、(´;ω;`)ウゥゥ。

仮想通貨の世界がどんどん世間に認知されるようになってきて、新しい資金がこの仮想通貨市場に流入してくること自体、大変素晴らしいことです。

ただ、本当にグローバルに世界へつながっているブロックチェーン技術の世界は、技術革新が非常に早く革命的であり、それだけに既存の世界からの抵抗(反発)も大きいのだと思います。

いずれ世界の基盤技術になるのは間違いないものと、あくまで個人的には想像してますが・・・、本当に普段の世界に浸透してくるまでには時間もかかるでしょうし、国ごとに異なる規制や法律があるのも事実です。

このニュース(外部リンクはこちら)も、予兆はあったものの、想定を超える発表でした。

混乱が落ち着けば、元の水準に戻るとは思いますが・・・。

かなりの冷や水になりましたね。

 

 

<Sponsered Link>



第三者的に眺めている分には楽しいですし、おもしろい世界ですが、自分の大事な資産を運用している立場からすれば、本当に疲れてしまいます。

やはり、許容リスク(一瞬で半額、最悪0になったとしても家族を含めた生活や心身に異常を来たさない投資額)内で、スリル満点の暴落・暴騰の行き先の分からないジェットコースターに乗っかっていることを楽しむしかないのでしょうか?

いつも目が覚めてから、BlockfolioをタップしてBTC数量が表示される瞬間がたまらないです、良い意味ではなく・・・。

今朝はホッとしましたが・・・、ビットコインはともかく、今回の規制対象になったICOの資金調達で使われることの多いイーサリアムの戻りがどの程度か心配してました。

これは昨日午後からのイーサリアム(ETH BTC)30分足チャートです、ご参考までに。

でも、まだこれから追加でどのような発表や、影響を受けたニュースが出るか分かりません。

あまり短期間で考えすぎても、後で振り返って良い判断だった、と思えることが少ないのでこれ以上あまり考えすぎない(頭を抱えない)ようにしたいと思います。

┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA