株主優待は家族名義をフル活用

投資生活@田舎です。

今まで私のお宝優待銘柄、あるいは今後狙っている候補銘柄を紹介してきました。気長に待っているのですが、1名義分ではなかなか楽しめないのは事実です。

そこで家族名義の活用が重要になってきます。株主優待はあくまでも個人株主1名に対する制度ですので、200株所有していても2口分の優待をもらえるわけではありません。

そこで100株ずつ家族で個人所有すれば、4人家族で400株を100株ずつ分散所有すれば、計4口分の優待取得権利が発生します。

 

4人分同時にもらえると単価が安い優待品でも、十分役に立ちます。

 

 

<Sponsered Link>



我が家もかなり以前から家族4名義分で、株主優待を堪能してきました。以前に紹介した「コックス(記事はこちら)」、「ヤマダ電機(記事はこちら)」以外含め、計8銘柄で4名義分を所有しています。いずれも1名義だと物足りないですが、4口分だと十分かと思っています。(現在は大幅に保有銘柄数を絞っており、単価の安いお宝銘柄しか残してないです)

以前はどこの証券会社でも家族名義で口座を開設できるわけではありませんでした。現在はジュニアNISA口座があり、ほぼどこの証券会社でも家族での株主優待を楽しむことは可能です。

ジュニアNISAは中長期の資産形成を応援する制度で、子供の将来の資産形成を目的に創設された制度ですので、若干制約があります。

非課税枠が年間80万円まで(十分かと・・・)

子どもが18歳になるまで出金できない、証券会社の変更も不可。

ただ、そんなに一杯優待銘柄を買うことは想定してないかと思われますので、ふつうは問題にはならないかと思います。問題は、18歳まで出金できないということは、あまり使いすぎるといざ必要、というときに資金不足になる可能性も否定できません。

やはり、投資は余裕資金ですべきですし、短期での値上がり目的ではなく長期での資産形成を目指すべきだと思います。

非課税枠を気にせず、もっと自由に家族口座を開設するには、一定の条件を満たした上で希望の証券会社で未成年口座を開設する必要があります。今では多くの証券会社が家族口座の開設に対応していますが、私が家族口座を開設したのはずいぶん昔のことになり、当時対応していた2社(こちらだけでした)を継続利用しています。

以下、私が利用している証券会社(ネット証券の代表格)です。ちなみにSBIについては、その前身となるE*TRADEというネット証券会社時代からのおつきあいになります。

なお、マネックスは米国株式の特定口座に対応したのも、国内で第一号であり先進的な証券会社でもあります。(今でも米国株はマネックスを利用中です)

・SBI  (未成年口座開設に関するQ&Aのリンクはこちら

・マネックス(未成年口座開設に関するQ&Aのリンクはこちら

税金もかかわってきますので、家族口座を開設する際はルールを守り、将来の事も考えて計画的なご利用を検討ください。

決して家族口座開設を推奨しているものではありません

納税義務を守り、家族の将来へも計画的に備え、余裕資金で投資しましょう。

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA