忘れかけていたICO案件、そう言えば・・・

投資生活@田舎です。

約11か月前に参加していたICO案件で、やっと処分?できたものがあります。

マイニング施設を運用するICO(記事はこちら)になります。

参加されてた方は、ほとんどいないのでは??? (;^_^A

 

参加当時(去年7月)の頃、1ETH=0.1BTC=約3万でした。

10ETHでICOに参加してましたので、約30万の投資でした。

 

その後、ほどなくトークンは無事ゲットしたものの、いつまでたっても上場せず・・・

年も変わり、それでも上場の気配がなく、もうあきらめかけてました。

 

ところが、数か月前からBlockfolio(ポートフォリオのアプリです)に登録だけは

出来ていたので、何気なく眺めていたら、いつもと違う価格が目に付き、慌てて

調べてみるとなんと・・・、1か所だけ取引しているところがあったのです、\(^_^)/

 

それは、ロシアにある「Yobit」という、小さな取引所でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去1ヶ月のWTTのチャートで、矢印が処分した時間帯です。

出来高が少なく、BTC建てとETH建てで、両方のペアでやっと売却出来ました。

全部で3,340WTTトークンです。

 

ご覧いただいて分かりますとおり、その時間帯(9h幅)の出来高のほぼ全部が私の処分です。

 

概ね、平均1WTT当たり、0.000145BTCで売却出来ましたので

0.000145*3,340*約83万(6/3のBTC価格)= 約40万円

日本円で一見、プラス10万に見えますが、BTCのまま保持していた方が良かったことになります。

 

さすがに、1年弱も上場にかかってしまうと、その間のBTC価格の変動幅を考えると

長期保有(換金できない)リスクは無視出来ないですね。

また、ICOには詐欺まがいのものが横行しており、私はもうICOには去年から参加していません。

 

まあ、無事手元に資金として償還できてよかったです、┐(´∀`)┌ヤレヤレ。


<Sponsered Link>



 

梅雨に入り、気分も落ち込みがちです。

スカっと、BTCは上方にレンジブレイクして欲しいものです。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください