取引所コインは選択が難しいですね・・・

投資生活@田舎です。

6月15日の記事(こちら)で取引所トークンの事に触れました。

 

このFT(FCoin取引所が発行しているトークン)ですが、もう今は半額以下の水準です。

高い配当(収益の80%をFT所有者に還元)をずっと続けられるはずがない、

からかと思っていましたが、それだけではなく、

 

次から次へと、高配当を謳う取引所トークンが続々と誕生しており、

それらの初動に乗るべく、資金が流出しているためでした。

 

株式もそうですが、初動に乗れると乗れないでは、相当大きな開きがあります。

まして、仮想通貨では1日で数倍になることも珍しくありません。

 

そうです、値幅制限など何もないですから・・・(;^_^A

その分リスクも大きいのですが・・・

 

中には、既存の大手取引所がFCoin取引所の成功をまねて、新たに

取引所トークンを発行しているケースも増えているようです。

この場合、発行元が大手だと信頼感があります。

 

信頼感があれば、運用先を求めて資金は新たなトークンへと向かうでしょう。

株式でIPO新規上場株銘柄に資金が集中するのと同じです。

売られた銘柄(トークン)は目立った悪材料がなくても、資金が抜けていけば

当然売られて値は下がります。

 

初動に乗れれば美味しいですが、値動きが激しく、高値を掴まされるリスクも半端ないです。

配当が始まっていない取引所トークンだと、期待だけで買われるので変動も大きいです。

 

そこで、すでに配当が始まっていて、まだ初動と比較的安い(暴騰していない)トークン

が投資対象として考えられるのですが、OCXというトークンがあります。

 

でもリスクが大きく推奨など出来ません、元々本ブログでは個別通貨(トークン)の推奨など

絶対しませんのでご承知おき下さい。

 

今参加中ということで紹介させていただくのはOCXで、下は過去10日分の4h足チャートです。

OCXは中国語のみのサイトになりますので、翻訳サイトで変換して対応する必要があります。

よく使う言葉は限られてますので、何回か続けていると何となく分かってきます、(;^_^A

 

尚サイトを覗く際には、Google Chromeをお薦めします。(私は他ではうまくいきませんでした)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下向き矢印で参加して、上向き矢印でナンピンして、今日まで計5回の配当をもらいました。

18日から22日まで、平均で概ね2%以上あるように見えます。

取引ペアとしてこの取引所に上場しているトークンも配当として少しずつ口座に入金されるため、

面倒なので正確には計算してません、(;^_^A。

 

日利で考えると、とんでもなく良い商品に見えますが、冒頭のFTのように暴落もあり得ます。

それに、取引所トークン自体も配当の一部として入金されており、発行枚数が増えれば

当然、トークン1枚当たりの収益(価値)も下がっていくリスクが懸念されます。

ただ、取引所が繁盛して利益が増えれば、トークンの価値は上がる可能性もあります。

 

これらの下落リスクを避けるには、人気化して暴騰する前の初動で参加するしかありません。

 

尚、主に、USDT、BTC,ETHの比率が高いので、この3通貨をOCXに再投資して

複利で運用中です。

今後、暴騰する場面があれば、迷わず一旦売却して様子を見るつもりです。

 

その上で、原資分だけは撤退して、残金は利率の高い定期預金と思って放置するのも

ありかもしれません。

配当で入金された、今はまだマイナーなトークンが将来化ける可能性もありますので。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください