取引所の選択は自己責任ですけど・・・、厳しい環境ですね、日本居住者の仮想通貨投資は。

投資生活@田舎です。

韓国の最大手仮想通貨取引所である、Bithumbが3000万ドル相当のハッキングを

受けたと公表し、BTC相場は今朝急落しました。

 

日本ではコインチェック事件があり、各取引所への金融庁の監視が強化され、

コールドウォレット(オフラインの財布ですね)に顧客資産を保管することが

標準になりつつあります。

 

私の今のメイン国内仮想通貨取引所である、bitbankは元々、セキュリティは

しっかりとしており、安心して預けています。

もちろん、MEW上に保管可能なトークンは全てMEW上にあります。

 

個人投資家は自己責任で仮想通貨取引所を選択しなければなりません。

それだけ多くのリスクを抱えた市場と言えます。

 

なのに、なのに・・・

 

納税は世界最高税率、取引所が破産しても税金は免除してくれません。

取引時の計算上の利益はすべて取引時のBTCレートで計算された上で、

翌年がっつりと・・・、総合課税されます。

 

世界最悪の課税方式で、これも世界から日本が仮想通貨市場で取り残されていく

大きな要因の一つでもあります。

 

Bithumbの影響は徐々に消えていきつつあるようですので、これ以上、ネガティブな

大事件が起こらない限りは、上昇をしばらく継続してくれるものと、

引き続き期待して見ています。

 

国内の株式市場でも、仮想通貨関連銘柄は今日は戻してきています。

冷静に市場と向き合いたいと思います。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください