今週の投資生活@田舎(6/24)

投資生活@田舎です。

毎週、1週間(日~土)の投資生活を振り返ります。

1.ふるさと納税(投資 or 応援)

みなさんは、南関そうめん、てご存知でしょうか?

私は正直知りませんでした、うどん県の私からすれば、揖保乃糸、小豆島そうめん、くらいしか思いつきません。

そんな中、「世界!ニッポン行きたい人応援団 超極細!0.2ミリ“そうめん”愛すアメリカ女性」という番組を見ました。

この番組は私の超お気に入りの番組で、毎週欠かさず見てますが、今回は日本のそうめんをこよなく愛する女性が登場し、日本各地の有名そうめんを食べ比べる中で、この「南関そうめん」が登場です。

いやぁ、びっくりしました、日本で唯一すべて手作りの“そうめん”で、しかも超極細0.2mmです。とっても腰があるそうです。

確かに、細くて腰の強いそうめんは格別です、小豆島で食べたことがありますが、本当に美味しいですよ。 もっと細い0.2mmとは・・・。

番組の中で、手作業で練って練って伸ばして伸ばして、しかも乾くと伸びなくなるので超短時間に手際よく伸ばしていくおばあちゃんの姿に感動です。この伝統食品がこれからも残ることを祈らずにはいられません。

もちろん、速攻で「南関町のふるさと納税」を検索です。

「品切れ」続出・・・。でも何とか、在庫を持ってる製麺所の返礼品もあり、

2つ・・・(2万)、納税しちゃいました。


<Sponsered Link>




2.株主優待

ここの会社(日本管財:9728)は、ごく最近(といっても2013年かな?)購入した銘柄で、「山喜」の記事で書きました、「お宝株」になっており、以下の点でお気に入りです。

・2分割して、元の単位株(100株)で優待水準を変更しなかった。(拍手)

・残りの100株を売却して元の購入代金を超えたため、元手は0円状態。

さらにもう一つ

 

 

 

・長期投資家を優遇している。(拍手)

空売りと現物買いをセットで実施し、投資家は空売りに伴う「逆日歩」負担のみで、期日をまたぐことで株主名簿に載り、優待品をゲットできる仕組みがあります(私も一時夢中になってました・・・)が、変な仕組みですよね?

会社を好きになり長期で投資している投資家こそ、会社から見れば大切な存在であり、会社もそんな投資家を大事にしたいと考えているはずです。

 

実際、長期投資家を優遇する会社は増えてきており、その手段として株式保有期間によって優待品を差別化したりしています。

上の画像(左下)にある、「3年以上株式保有 株主様向け」とあります。3年以上になると、カタログ品が2,000円相当から3,000円相当にグレードアップになります。

しかも、年2回あるんですよ! (・∀・)イイネ!!

 

実は前回までと何か優待品カタログが違うな?と思い、気づいたものです。これが先日届いたのでした。この株は、会社が倒産するか、優待制度を廃止するまで、一生売らないですね。(感謝の気持ちを込めて)

ビルの設備、警備、清掃を中心にした総合管理会社で業績も安定しています。不況にも強そうですし、安心して保有できます。(自己資本も60%以上)

株主優待銘柄の選択は、焦らず(安い時に買う)、楽しみながら・・・ですね。投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA