先週の投資生活@田舎(9/17)

投資生活@田舎です。

毎週、過去1週間(日~土)の投資生活を振り返ろうと思います。

1.ふるさと納税

やっと、台風上陸直前に送られてきました・・・。

左の画像が納税した茨城県石岡市のお礼の品紹介ページ、右が送られてきた「巨峰」です。

少し小ぶりでしたが、甘かったので文句はないです、でも今年は日照不足で去年よりは・・・。

冷蔵庫の中は巨峰でいっぱいに・・・。

果物好きの私にはたまりません。

巨峰は種があるので種なしピオーネに慣れてしまっている最近の子供に受けが悪いかもしれません。

 

3.仮想通貨(2はスキップ)

PF(円ベース)=PF(BTCベース)×BTC(対円レート)

 

 

 

 

 

 

 

今週は・・・、こんなもんでしょうか?

昨日の投稿(記事はこちら)で私の相場雑感と気になる通貨を紹介させていただいています。

税金のこともありますが、BTCの対円レートの変動でトレードしている(ビットコイントレーダーの)方は別にして、私はやはりBTCベースでの数量最大化を目指すのが基本と思ってます。

来年度の確定申告時における、仮想通貨投資(利用)で発生した利益の詳細な申告方法は、まだ完全には明確になってません。

私の場合は、仮想通貨投資を始めた初期に購入した主要3通貨(XRP,ETH,XEM)については、ETHは一部をICO参加用に利用(送金)したものの、各取引所内ではいまだに売却(利確)してません。

その後の追加投資(円でBTC購入後にBTCでアルトコインを購入した)分については、BTCベースで頻繁にトレードしてますので今後税金の計算をしますが、今さら慌てても仕方ないので気にしてません。

従いまして、大きな利確(初期投資分)がないので年末まで放置、と言った方が正確かもしれません。

利確の都度、円に替えて税金を確定させたい方はもちろん、各アルトコインの対円レートを見ながら利確が必要です。

その場合は、やはCoincheckでのトレードがお薦めになります。

Coincheckで審査した通貨しか取り扱っていませんので、膨大なアルトコインの中から信頼できそうな通貨を選ぶ手間はないので便利がいいですね。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


<Sponsered Link>



上場したばかりのアルトコインなども積極的にトレードされたい方は、追加で海外の取引所に口座を開設するしかないかもしれません。

 

さて、今後の(と言っても今月内程度)仮想通貨への私の勝手な投資方針ですが・・・、

昨日の投稿でも触れてますが、以下の状況を気にしてます。

・ビットコイン自体が定期的?な大きな調整に入ったこと

・中国のICO規制以降の締め付けがまだ完全に落ち着いていないこと

しかし、仮想通貨(ブロックチェーン技術を用いた金融革新)自体は拡がってきており、後戻りするとは思えません。

 

・上昇目途と撤退条件を決めてのスイングトレード

・商用開始しているか、商用間近な製品を含むICO

これらについては、慎重に且つ今まで以上に確かな情報に基づいて素早い投資行動(購入、売却)を心掛けたいと思います。

同時に「何となく・・・」のとりあえずの投資行動は控えるつもりです、株式投資でもそうですよね。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA