先週の投資生活@田舎(仮想通貨投資:8/27)

投資生活@田舎です。

毎週、過去1週間(日~土)の投資生活を振り返ろうと思います。

3.仮想通貨

毎週掲載しております、私のPF運用状況を見てみます。

PF(円ベース)=PF(BTCベース)×BTC(対円レート)

 

 

 

 

 

 

 

先週はアルトコインへ資金が戻ってきている記事をいくつか投稿させていただいています通り、平和?な1週間だったと思います。

おかげさまで、円(JPY)ベースでは仮想通貨運用開始後のピーク(高値)から約95%の水準まで戻すことが出来ました。

でも、以前からお伝えしてますがあくまでも「仮想通貨投資の世界」においては、税金などの問題が整理されていないこともありますが、仮想通貨の世界で基軸通貨であるビットコイン数量をいかに最大化するか?で投資成果が決まる、と言えます。

ビットコイン数量ベースで見ますと、仮想通貨運用開始後のピーク(高値)だった6月18日週(BTC=約30万)からビットコインは6割も上昇していますので、裏を返せばここからBTC数量ベースで6割の上昇を達成して初めて、過去の高値水準での運用成績に戻ったことになります。

実際、過去高値水準からBTC数量ベースでは、私のPFは約6割の水準に戻ったところですから、ここから6割の上昇でやっと100%になる計算です。

┐(´∀`)┌ヤレヤレ。


<Sponsered Link>



火曜日の投稿(記事はこちら)の通り、先週はビットコイン分裂騒動の落ち着きと共にアルトコイン市場へ投資(投機)資金が戻ってきたようです。

 

最近繰り返しご紹介しているこちら(外部リンク)で確認してみましょう。

赤い矢印のところ、画面中央で「BTC」でフィルタしてますが、これはビットコイン(BTC)ベースでの市場規模を表しています。

ビットコインの市場占有率 = 45.9%

通常、50%をはさんでの占有率が続いていたのですが、今はアルトコイン市場が活況を呈していることが数値でもはっきりと表れています。

先週はリップル(XRP)で大きな動きがあり、仮想通貨のネット上は賑やかでした。

私もXRPを主に扱うであろうSBIバーチャル・カレンシーズがいつまでたってもオープンせず(たしか今夏開業と言ってたような・・・)、非常に期待していたのですがやはり期待を持たせすぎですよね、中身以上の宣伝には必ず反動がつきものです。

と言っても、当然ですが悪いニュースではなく、仮想通貨が現実世界(通貨)から認められ(無視出来なくなり)つつある事を表していると私は受け止めています。

リップルに関するニュースサイト(外部リンク)から、「

ちなみに先週1週間でのXRPはこんな動きをしてました。

断固ホールドの私は、肩透かしを食らった瞬間に売却 ⇒ 安値で買い戻し、といったことは微塵にも考えませんでした。

24時間起きてニュースをチェックなんかしてられないですから・・・。

そうです、仮想通貨市場に休息はありません、24時間365日、いつ何のニュースや噂でどんな動きをするかなんて、その通貨(情報)を支配している一握りの者にしか分かりません。

元々悪いニュースではなかったので、XRPは上昇を始めた出発点まで下落したわけではなく、スタート直後の水準から2割以上高い水準をキープしています。

これからがリップルが本当の価値を問われる相場展開になるでしょうから、安定して上昇してくれることを期待しています。

さて、仮想通貨市場の今週はどんな動きになるでしょうか?

もうしばらくはアルトコイン市場の活況は続くものと思われますので、何とか少しでもBTC数量を増やしておきたいところです。

ちょこちょこ手を出しているアルトコイン投資の経過報告は別の記事にて投稿します。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください