仮想通貨投資はどうなっていくのか? アルト祭りは好きだけど

投資生活@田舎です。

いろいろネットを見ていると、やはり新規参入者が増えてることを強く感じます。

特に学生が多い・・・、株式同様、馴れれば買うのは簡単です、(;^_^A

1.国内取引所に口座を開設

2.金融機関から口座に円を入金

3.円でBTCを購入(円で直接アルトも買えますが・・・)

4.海外取引所を開設(3分も要らないかも・・・)

5.BTCを海外取引所に送付(間違えたらお金は戻りませんが・・・)

本当に気軽に仮想通貨投資に参入出来てしまいます、電子マネー感覚ですね。

 

まだ私も始めて1年たっていませんが気になるのは・・・

1.課税が雑所得扱い(一番怖いパターンを後で述べます)

2.仮想通貨の保管が不安(ウオレットもあるけど結局、自己責任)

3.国によって規制状況が全く異なる

4.国内の法律が通用しない

5.情報操作に金融当局の監視がまだない(今しばらくは・・・)

何度、痛い目に合っていることか、(´;ω;`)ウゥゥ

 

それでも止められないのは・・・

1.1か月もかからず100倍になるアルトコインも次から次へと登場

2.損切もあるけど、お宝に巡り合えればガチホで資産は何倍にもなり得る

3.実際に相当数の億り人、桁の多い億り人が多数発生してる模様

4.24時間365日動いているのでサラリーマンでも夜、土日に相場に参加可能

5.株式やFXに比べるとチャート分析が比較的簡単(株式同様、仕手もいます)

本当にすごいです、中毒になりかねません、┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

さて一番怖いパターン(私が一番、備えていること)

(あくまで事例です)

2017年:200万の利益が発生(プラスマイナス相殺後)

手元に100万円分のBTCを保管

2018年:1月100万の納税義務発生が判明

3月にBTCが半額、50万円分に

含み益だった200万が0円に

急いでBTCを円に換金して50万を回収

不足50万円の負債(税金未納付)が発生

これは極端な例に見えるかもしれませんが、先週発生したBTCの大幅調整では

BTCは半額になりました。税金納める必要がなければガチホでもかなり

値を戻してますので大丈夫ですが、手元に円がなければBTCを損切しなくては

ならなくなるケースが十分起こり得ます。

昨年末時点での含み益が膨大であればある程、このリスクは巨大です。

 

ちなみに私は、まだ納付分の円が3割ほど足りないので、慎重に売却して

BTCに替えるアルトコインを選定中で徐々にかき集めているところです。

中にはやむなく損切(この先上がる見込みがあっても)したものもあります。

 

今後は必ず、納税用に仮想通貨投資資産の一部を円とBTCで別保管することに

しました。前述のような事例が起きたら、もうこの仮想通貨投資の世界から

引退(強制退場)ですから・・・、┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

 


<Sponsered Link>



 

早く、分離課税を導入して欲しいものです、また円への換金前に課税なんてリスクが高すぎます。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください