仮想通貨の購入方法

投資生活@田舎です。

カラフルな画面は、ある国内取引所の各通貨毎の現在の値段(円)を表している画面です。

 

 

 

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

こちらは、コインチェックの登録画面のご紹介になります。

仮想通貨にはいろいろな種類があり、日本で主に販売されている通貨は、基軸仮想通貨であるビットコイン以外では、主にイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、XEM(NEM)などがありますが、海外には数百(数えたことがありませんので実際の数はわかりません)を超える仮想通貨が存在しています。

<Sponsered Link>




日本国内でも今年に入って大きく上昇を続けている主要通貨を購入できる取引所があります。 それが「コインチェック」であり、最近ではセキュリティに注力しており、顧客の資産保全に努めているようです。他の国内取引所ではビットコインがメインで、プラス1~2種類の通貨のみ取り扱っていることが多いですね。

今後はどんどん、取り扱い通貨も増えていくことでしょう。

でもペイオフなどの預金保護とかはありませんので、始めてみようと思われた方はくれぐれも余裕資金でスタートしましょう。

仮想通貨そのものはセキュリティが強固なのですが・・・、仮想通貨を売買する取引所自体が、ハッキングされることがあるのです。

株式市場とかでは考えられないですよね、ほんとうに怖いです。

bitFlyer」などは国内でも最大手であり、安心かもしれないですね。大手銀行も出資しています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

それでも、油断は禁物、それくらいに注意を払って取引する必要がある世界です。安心のために、仮想通貨を自分のPCや別なハードに保管することもできます。それはそれで、その管理や手間がかかるので・・・、早く安心して取引できる取引所が現れて欲しいです。

最大のリスクは電子データ(株券や紙幣、金属のコインがあるわけではありません)オンリーであることなのです。

株式も電子データで取引しますが、実際には株式は別な場所に保管されています。「証券保管振替機構(ほふり)」、聞いたことありませんか?

仮想通貨は本当にネット上でしか存在しない、特別な存在ですので、保管リスクが一番高く、100%安全とは言い切れません。

でもリスクをはるかに超える便利さと、様々なアプリが開発されていくことから、今後全世界で確実な普及が見込まれており、途中暴落と暴騰を繰り返しながらも巨大市場へと発展する可能性を秘めていると言えるでしょう。

そのため猛烈なスピードで世界中(欧米以外にも中国、日本など)から資金が集まってきているのです。

くれぐれも大事なお金は別なリスクの低い投資に回しましょう。

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください