仮想通貨の世界へようこそ

投資生活@田舎です。

 仮想通貨ってもう知ってますよね? つい先日もランサムウェアで世界中を混乱に陥れた事件では、犯人からの代金要求に仮想通貨のビットコインを要求されました。

この事件は記憶に新しいのではないでしょうか? 正直私もビックリしました。犯罪の世界ではもう仮想通貨を便利な(不謹慎ですね...)通貨として活用していることが表面化したのです。 ではなぜ便利なのでしょうか?


<Sponsered Link>




それはビットコインに代表される仮想通貨は、国家を超えて地球上のインターネット網上で取引される世界共通の電子(データ)通貨であり、法定通貨(と交換(取引所などを媒介)可能な通貨でもあるからです。

法定通貨は、フィアット(Fiat Currency)と呼ばれ、円、ドル、ポンド、ユーロ、元など、世界中で使用されている通貨のことです。

誰かにお金(通貨)を送金したい場合、銀行を経由して自分名義の口座から資金を送金する必要はなく、ネットを通じて簡単に自分のアドレスから指定アドレス(銀行口座のようなもの)に移動させることができるため、犯罪者から見ればこの上ない便利な資金移動手段に映ることでしょう。

犯罪用途はさておき、私たちが暮らしの中で使用する上で、通常なら千円以上の高いコストと日単位での時間が発生する海外送金において、仮想通貨はインターネット上で決済が完了するため、原則短時間且つATMでの引き出し手数料(系列銀行支店間は除く)より安くなるのです。

海外送金なんて関係ない、なんて思われるかもしれません。 しかし国内送金や特定の方への代金支払手段としても、決済コストの安さは非常に有益(特に小売り業者にとって)な特徴になります。

そのため、一部の小売店ではビットコインによる決済が日本でも始まっているのです。最近では、ビットコイン以外の通貨にも拡がりつつあります。

現状では、通貨自体の価値変動があまりにも激しく、支払い手段としての利便性は法定通貨にはかなわないです。数パーセントの為替変動でトップニュースになる法定通貨と違い、仮想通貨は1日で何十%も変動します。

でも、いろいろな課題を最新のブロックチェーン技術で克服する取り組みが世界中で進められており、産業革命に近い「大変革」が起ころうとしているのではないでしょうか?

無理な投資は本当に危険です、でも小遣いをお試しでビットコインに変えてみるとか、あくまで余裕資金で勉強のつもりで仮想通貨の世界を早く知っておく必要はあるように感じています。

ただし、投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.