今度こそ、底なのか? また騙しなのか?

投資生活@田舎です。

一昨日の投稿で、底を打つ日を待ちわびつつも、いくらなんでも、

もう底は近い、と感じながら短いですが投稿させていただいていました。

 

願いが通じたのでしょうか? (;^_^A

今度こそは中期的な底を打ち、過去のパターン通りならば約1ヶ月前後は

上昇波(短期の上下は当然あります)を描くものと期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにBTC_USDチャートを貼り付けます、(;^_^A

上は過去1年分の日足チャートですが、前回の5月下旬で底を打って反転してくれていれば

結構力強いチャートになっていたのですが・・・、残念です。

 

4月上旬の底値を割ってからの反転ですので、仮想通貨市場の盛り上がりに力強さが足りないと

感じています。

大きく反転上昇というよりは、しばらくヨコヨコを続けるイメージを持ってます。

 

それでも、昨年末からの大きな下落の波は、ちょうど半年近くを経て収束しているように

見えるのですが、いかがでしょうか?

株式で言えば、信用取り組みの調整期間も6か月がイメージされるところです。

 

ここから、来年に向けて新たな波動が形成されていくと思うのですが、今やBTCは

大手金融機関がこぞって参入してきている、普通の金融商品の1つに成り下がりましたので

株式や為替同様、先物の動きや、オプション取引の期日、なども意識されつつあります。

 

株式でも相場の方向性が見えなくなってくると、仕手株、小型株など、特定材料のが

集中物色されることがよくあります。

仮想通貨市場でも、今、取引所トークン、という大きなテーマが先月より浮上しているようです。

残念ながら、私は最初のビッグウェーブに乗り損ねてしまいました、(;^_^A

 

下は、つい先月5月24日より取引されている、Fcoinという海外取引所が発行しているトークン

FT(ETH建)の4h足チャートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄い上昇です、驚きの一言、 Σ(゚Д゚)

最初の上昇が落ち着いた後、今月7日からは約10倍上昇し、今3割ほど調整している状況です。

ネット上が騒がしくなっていたので、横目に見つつ、乗り損ねてしまいました、(´;ω;`)ウゥゥ

 

取引所トークンと言えば、Kucoin(年明けの記事はこちら)があります。

当時から、取引所は増える一方でしたので、配当系の取引所トークンについて

ずっと追い続けておくべきでした。

 

やはり、継続が大事ですね、勉強と一緒です、┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください