人気?ICO(PAY)のその後のその後

投資生活@田舎です。

最近、少し前に遡って自分の投資行動を振り返っています。

その一環でビットコインキャッシュ、BCC(BCH)の近況を確認してみたり(記事はこちら)したのでした、こちらはもうしばらく様子見でしょうか?

 

ここで7月8日(記事はこちら)に遡りますと、実は超人気ICOに参加していたことがありました。

その後、8月17日(記事はこちら)にて、上場時売却後の初動を見逃してしまった・・・と記載していました。

左のPAY BTCの日足チャートにある、左端の矢印から①②③とすると、

①上場直後、ICO参加の約倍になっていたので無条件に売却

②初動を見逃し、あーあ、で諦め

③過去を振り返った中で、②の初動後最初の押し目と同じ価格水準を確認

ここで(昨日)、改めて買戻しを実施しました。

私の主観的トレードですので、推奨しているものではありませんのでご注意ください。

今回はスイングトレードではなく、あくまでこのPAY(TenX)の将来性に懸けてしばらく放置前提だからです。

(PAYは、TexX社が発行しているETHベースのトークンになります。)

また、中国ICO規制ショック後の安値でこれ以上大きく下げることはないだろう、との読みもありますが絶対はないですから。


<Sponsered Link>



TenXとは、デビットカードの一種なのですが、よくある事前支払い型(プールした仮想通貨の引き落とし時に法定通貨に換金)ではなく、仮想通貨のウォレットに紐づいている点が大きく異なる点です。

そして、PAYトークンの所有者には、TenXカードの全利用額の0.5%が配分されるようですので、無事の開発と世界展開に期待して一応・・・夢は持っておこうと思います。

またTenXは、BTC,ETH,ERC20トークン,DASHにも対応するようなので、今後の展開にも期待しておきたいと思います。

 

尚、ICO参加時もそうですが、各種トークンを保管できるウォレットは必須かと思われます。

取引所に保管しているだけでは、トークン保有者として認識されない可能性がありますし、100%安全とも言い切れないからです。

もしまだ作成されていない方は、ぜひ検討ください。

 

さてどうなることやら・・・、結果が出るまでには少し時間かかりそうなので一旦忘れることにします、と言いながら気になるので時々見ちゃいます、

┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください