主観的仮想通貨相場雑感( 7/12)

投資生活@田舎です。

今週はBlockfolioを見ないようにしてます・・・、私と同じように思っているサラリーマン投資家の方は多いのではないでしょうか?

(´;ω;`)ウゥゥ

真っ赤(少し橙かな)コインチェックのサイトを見たりすると、仕事が手に付かなくなるのではないでしょうか。繰り返し書かせていただいたように、これから暴落と暴騰を繰り返すのは既定路線と思っていた方が精神的に良いかと思います。

<Sponsered Link>



チャートは2012年からのビットコイン週足チャートになります。これを見ると・・・、あぁ怖い、待っているのはナイアガラか墜落か?、なんて考えてしまいますよね、私もこういうチャートは見てられないです。

 

ちなみに、8月1日に向けたビットコインの動きについては、このブログでも何度か触れてきています通り暴騰、暴落を繰り返すはずが、少し私の想定とは異なる動きをしています。

ビットコインの先行きが不安であれば、まずビットコインを売る動きがあってもいいはずなのですが、今週前半はひたすらアルトコインに売り物が浴びせられてきました。半面、ビットコインは緩やかな下落で推移しています。

これはアルトコインは直接円で買うのではなく、BTCペアで購入しているので(コインチェックさんも、内部的にはそのはずです、でないと円で直接アルトコインを取引してくれるところはないからです)、アルトコインを売るとビットコインに代えることになる(=買うことになる)からだと思っています。

この辺りは、FXもやってきていた私としては自然な動きとして理解しやすかったのですが、本当のところは分かりません。

さらにはビットコインそのものの需要が世界的に高まっていることも背景かと思います。 まだまだこれからですから、世界に向けて仮想通貨が本格的に普及していくのは・・・。

日本では正式に国が仮想通貨が「貨幣の機能」を持つと認めていますが、そういう国は希であり、お隣韓国をはじめ、中国、インドも政府がどのように仮想通貨を規制していくのか、まだまだ紆余曲折がありそうです。

そういう意味で、各国の政府がどう規制あるいは認めてくるかで、まだまだこれからビットコインをはじめとする仮想通貨は拡がっていくはずであり、総需要数は指数関数的に伸びていくと思ってます、少なくとも私はそう信じてこの仮想通貨市場からは撤退する気は全くないです。

個人的な分析なので信憑性はありませんので、ご容赦ください。あくまで、私の主観的雑感です。

さて、このチャートは最初のチャートと全く同じタイミングで、同じ期間のビットコインの週足チャートです。

ほぼ左から一直線で右上に向かって伸びているのが分かります。

 

途中大きく伸びては、元の直線に戻ってきてるように見えませんか?

最初のチャートと比べてみれば、異常とも思える高騰期間もこのチャートでは、少し上がりすぎたかな?というレベルに見えてしまいます。

このチャートは横軸はそのままで、縦軸が対数になってるのです。理系の方なら何でもないですよね? 文系の方も高校とかで教科書に載っていたかと思いますが、簡単におさらいしますと、1,2,4,8,16・・・と倍々で伸び続けていると最初のチャートのように跳ねるように上昇カーブを描きます。

でも、対数に換算すると、ちょうど倍倍ゲームだと一直線になるのです。

「1,2,4,8,16・・・」は

2の「0,1,2,3,4・・・」乗になっており、この「0,1,2,3,4・・・」が対数換算した数値を表しています。

ということは暴落するときも、対数で見ると大した下落に見えない、ということであり、あぁ怖い・・・。

ということで、仮想通貨市場を信じて余裕資金で投資参入したからには、目先の変動にとらわれずに目をつぶろう! と自分に言い聞かせる雑感でした。

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA