不人気ICO、人気?ICO

投資生活@田舎です。

あまり人気は無かったようです・・・。

Airプロジェクトは、Hyperledger上の安全な、デジタルIDのためのプラットフォームを構築することを目指している、とのことです。

PTOY(医療データ)と同じような仕組みでしょうか。

詳しい技術的なことは私には理解できませんでしたが、これからの発展が期待されているようです。 が・・・、あまり人気がないような。


<Sponsered Link>




非常に不安で仕方ないのですが、後で紹介します、それなりに人気が出そうなICO案件と合わせ、購入してみました。

なのですが・・・、現時点でICO期間、残り4日と少し。 まだ半分まで売却が進んでいないようです。(´;ω;`)ウゥゥ

 

こちらは、ICO開始直前まで人気があるかどうかは分かりませんでした。

国内でも、紹介されていないような感じでした。

ただ、HP上でイーサリアム送付に備えた手順を詳しく記載していて、海外では人気あるのかな?と思い、開始時間ジャストで参加しました。

無理かな~、と思ってたら、あっさり購入できちゃいました。実は人気なかったのかな?と思ったのですが、30分もしないうちに完売してるように見えました(実際は分かりません)ので、期待しておこうと思います。

イーサウォレットにもすぐにトークンが反映されたので、ひとまず安心です。

 

 

TenX支払いプラットフォームは、複数のブロックチェーンにわたるブロックチェーン資産をサポートしています。

そして、ブロックチェーン上の資産とビジネスを分散して現実世界につなぎ、開発者はセキュリティスマート契約モジュールを開発することができ、企業はユーザーと実世界の支払いを結ぶことができるものだそうです。

カード支払い系は競争も激しいので、どうなるのでしょうか?

しばらく様子を見ようと思います、見るしかないですよね。

きちんと開発を進めて、良いニュースと共に出来る限り、大きい取引所に上場して欲しいものです。

最近はICOが終わるとすぐに上場するものが多いように感じます。

 

プロジェクトの将来を期待してICOに参加するのですから、実際に利益を出している株式のIPOと同じように、すぐ上場するのは私的には違和感を覚えてしまいます。

ICOは異常に過熱しており、先行きに警笛を鳴らす記事もときどき見かけるようになりました。 心配です。 でも本当に価値のあるプロジェクトには、リスクをとって投資すれば、大きな見返りも期待出来ると思われます。

問題は、その価値を見抜くのに必要な正確な情報がまるで足りない、私達一般のサラリーマン投資家には収集が極めて困難である、ということです。ホワイトペーパーを和訳しても、その通りに開発が進むとは限らないからです。

でも・・・、元々この仮想通貨の世界は春先からの暴騰以降、何が起こってもおかしくない世界です。そのあまりにも急激な変化の波に実際に飛び乗って、沈没するまでもがき続けて最後にどうなってしまうのか、田舎からそっと参加してみようと思います。

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA