ビットコインが50万を記録!:今後の仮想通貨投資について

投資生活@田舎です。

昨日1日遅い振り返り(先週の仮想通貨投資)を投稿しましたが、その後さらにアルトコインはじり貧状態です、

┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

やはり、今回はビットコインの暴騰にアルトコインが巻き込まれた(上昇が見込まれるBTCへの交換ラッシュ?)感じに私は捉えています。

もちろん、分裂騒動を何とか?乗り越えたビットコインへの新規資金流入もあるかと思います。

 

春からのBTC/USDの日足チャートです。

 

 

4,500US$も近いですね、そして日本円ではなんと50万(高値)!!!を付けたようですね、bitbankの画像を貼り付けておきます。

さて、誰が買ったのでしょうか? 出来高は少ないようですが、少なくともbitbankではある意味記録ですね。

すごいですよね・・・、でもそろそろ、アルトコインにも資金を戻してくださーい、(´;ω;`)ウゥゥ。

 

画像は今朝からの5分足チャートです。

 

 

 

 


<Sponsered Link>



 

さて、ここまでビットコインが暴騰すると、少し相場が落ち着くのを待ちたいと思ってます。

50万という節目を迎えた達成感もあると思われるからですが、日本円での節目に過ぎず、夜間に向けてどうなるか分かりません。

ビットコインへの集中的資金流入が落ち着けば、いつも通りの動きであれば次はアルトコインが戻りを迎えることになります。

どこまで戻すか分かりませんが、アルトコインがある程度戻した段階で私はPFの仮想通貨配分を見直し、何割かはビットコインで保有すべくリバランスを実施したいと思ってます。今回の仮想通貨トレードでは、当初より保有する主要通貨(ETH,XRP,XEM)へのHOLDに固執してしまい、機動的なPF組み換えが出遅れてしまったものと反省してます。

よーく考えてみたら株式投資でもこんなことありました。調子に乗って予算を全額投資に回し、どんどん銘柄を買いあさり、含み益が十分出ているのに満足してその状態を続けたくて、少し下がってもホールドを続け、売り時を逃してしまう、(´;ω;`)ウゥゥ。

また、買い時の銘柄が出てきても、予算が足りず、また含み益のある銘柄を売ることをためらい、そのまま保有したために思うように新規銘柄を思うように買うことが出来ない。そしてその銘柄が上昇していくのを指を食わえて見るしかなかったこと、たしかにそんなことありました! ありました、思い出しました。

春先からの仮想通貨全体の勢いに押され、少し欲張ってしまったのかもしれません。

ただビットコインを代表とする仮想通貨市場全体は指数関数的に伸びており、さらに株式市場、FX市場からも新規投資資金流入が期待できます。

様々な不確定要素(ビットコインの分裂騒動や、北朝鮮問題などの世界情勢)と、仮想通貨自体の不安定さから、これから秋にかけてもいろいろと相場は荒れるでしょうけど、何とか生き残っていきたいと思います。

 

投資は自己責任です。
<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください