コインチェック騒動、予想通りの落ちでした

投資生活@田舎です。

1月28日に投稿(記事はこちら)してたのですが・・・

>おそらく、今の経営陣のままでは顧客の資産を単に返済しただけでは、絶対に信頼を取り戻す

>ことなんて出来ないでしょう、そして解散するしかなくなるでしょう。

>信用回復すれば、圧倒的な知名度と顧客を抱えていますので元の高収益企業に戻ることは

>たやすいのではないでしょうか? だから事業継続、登録に向けて・・・。

>

>負債さえないのなら、ホワイトナイトとして新たに経営に参加を希望する、まだ仮想通貨に

>参入を発表していない、大手金融機関は多いのではないでしょうか?

>

>ねぇ、 〇天さん、〇ックスさん・・・

 

簡単に発表されてしまいましたね、ちょっと拍子抜けではあります。

まだ金融庁からの立ち入り検査結果がないような・・・、あったのかな?

(最近、ネットで仮想通貨記事を見ていないので、あったらすいません)

 

〇天さんは携帯事業への参入でそれどころではないのでしょう。

自慢するわけではないですが、簡単な読み、だったように思います。

何故マネックスなのか? 〇〇の意向が働いたのは間違いないでしょう。

 

でも、これだけ大きな問題を起こした元の経営者がそのまま、新会社の執行役員に

留まるのはいかがなものでしょうか?

株式をすべて引き渡す条件になったのでしょうね、┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

 

以下、メールで送られてきた内容を貼りつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、新会社の体制は以下のとおりになってました。(テキストで貼り付けます)

取締役及び監査役構成

2018年416日開催予定の当社の臨時株主総会において、新たに取締役及び監査役を選任いたします。これに伴い当社の和田晃一良代表取締役社長及び大塚雄介取締役COOは経営責任をとり取締役を退任し、新たなガバナンスの下で、当社のシステム等の担当として業務執行にあたります。新たな代表取締役には、現マネックスグループ株式会社取締役兼常務執行役の勝屋敏彦が就任する予定です。臨時株主総会後の経営体制及び執行体制については、以下を予定しております。

経営体制
代表取締役:勝屋敏彦
取締役:上田雅貴
取締役:松本大
社外取締役:久保利英明
社外取締役:玉木武至
監査役:長坂一可
監査役:郷原淳良
監査役:佐々木雅一

執行体制
社長執行役員:勝屋敏彦
執行役員:上田雅貴
執行役員:後藤浩
執行役員:三根公博
執行役員:和田晃一良
執行役員:大塚雄介
執行役員:木村幸夫

 

これで少しは、国内の仮想通貨市場の寒い空気が暖かくなるかな...(;^_^A

 


<Sponsered Link>



 

まあ、マネックスは創業時から口座を作らせてもらってます(株、FX、外国株式)し、

外国株式では日本で最初に、特定口座に対応した証券会社です。

期待しましょう、頼みますよ、松本様!(マネックスの創業者)

ちなみに奥様は、テレビ東京の看板アナウンサー(大江麻里子様)です。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.