アルト祭り、でも売り時、買い時は難しい

投資生活@田舎です。

ありとあらゆるアルトコインが上昇しました、まさにお祭りでした。

まだ祭りが続いている通貨も多いですが、そろそろ警戒しておきたいです。

 

でも、いつまでもは続かないものですが、調整がないと次の上昇につながりません。

この辺は株式と一緒ですね・・・、そう言えば、久しぶりに株式に目が行きました。

XRP,リップルを大量に保有している、SBI(8473)です。

 

 

 

 

 

 

左が過去3ヶ月の日足チャート、右が過去2年の週足チャートになります。

11月末から一気に上昇を始め、先週末のXRP暴騰を受けて噴火した感じです。

私もうっかりしてました、SBIはXRP,BCHを推進していますし、リップルの開発元である

リップル社(XRPも大量に保有)の大株主でもあります。

当然、XRPの価値が上がれば、SBIの間接保有資産も一気に拡大するわけです。

 

また、SBIバーチャル・カレンシーズ口座開設先行予約の受付が終わり、今は順次口座開設の

案内が届けられているはずです。私のところにも日曜に届き、早速申込を完了しました。

取引が始まれば、今のブームを考えるとSBIの業績拡大も期待できそうです。

(あくまでも、私個人の勝手な見解ですので、ご承知おきください)

 

元株式投資家としては悔しい限りです、仮想通貨のあまりの激しさに、視野が狭くなって

いたのかもしれません、恥ずかしながらSBI株に少しですが参戦しました。

明日以降、調整が入るかもしれませんが、リップルとSBIバーチャル・カレンシーズの材料が

あるので、取引がスタートしてXRP,BCHの上昇が始まれば、好材料になると判断しました。

仮想通貨に比べると上昇幅も小さいと思いますが、税率が一定ですし、後で申告する必要も

ないので安心感?? があります、(;^_^A 。

 

また、16日の記事(こちら)の最後に、BCHにも注目頂きたいと記載してましたが、やっと

噴きそうですね。一部のアルトコインに比べれば、上昇率が低く感じられるかもしれませんが、

実用性を伴った(決済に使用されている)仮想通貨ですので、安心感が違います。

また、SBIバーチャル・カレンシーズで最初に取引される3つの通貨(BTC,XRP,BCH)の1つです。

 

 

 

 

 

 

 

11月4日に(記事はこちら)、BTCをBCHに交換している状況をご紹介してましたが、

その後円べースで一貫して上昇ペースが続いており、嬉しい限りです。

 

あと、先日ご紹介しました草コイン(ZNY,XP)、ZNYはしばらく沈黙でしょうか、(´;ω;`)ウゥゥ。

XPは一気に暴騰し、一気に暴落・・・、いやぁ激しいですね、お遊びの余裕資金でないと参加してられません。

3倍になった時点で利確も考えましたが、税金も高いので当初の予定とおり、

ガチホで当分忘れておくことにしました、少額勝負でしたので放置します。

買い時、売り時は本当に難しいですね。

 

主要アルトコインでも、頻繁に売買するのではなく、結局ガチホが有利だったように感じています。

当面保有の方針である通貨なら、よほどの暴落を想定しない限りガチホの方が、税金を考えると有利かと思われます。

 

そろそろ、世間でも仮想通貨売買利益の税金問題がニュースになりそうですね・・・。

怖い、怖い・・・、早く税制の見直しをお願いしたいものです。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA