まだ調整が必要なのかな? 冬祭りは近いのでは?

投資生活@田舎です。

アルト祭りの主役は、前回不参加だったBCHだと思ってるんですが・・・

BTCの動き次第といったところでしょうか?

下は去年10月からの日足BTCチャートですが、正直好きな形ではないです。

ここは思い切って、下髭(一度大きく底値を付けて一気に反転)が欲しいです。

 

 

 

 

 

もうじき、SBIVCも営業開始になり(なるはず・・・(;^_^A )、市場ムードも

よくなる、と見ています。

 

中期方針で握りしめている、QASH,DBIXとかは、ヨコヨコ(想定以上の調整も・・・)な

展開が続いており、ヤキモキしています、(;^_^A

やはり、押し目で買って、余裕資金内で分散投資が一番ですね。

多少下げても放置プレイ出来ますから・・・、┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

私の今までご紹介してきた主要PF内の各アルトコインは、大きな動き(上げも下げも)、

殆どなし(誤差の範囲?)です。

 

先日の記事にも書きましたが、いろんな国のネガなニュースが流れてきても結局、

この成長著しい仮想通貨市場には、まだ参加しきれてない国がたくさんあり、まだまだ

これからなのではないでしょうか? お隣の国も結局、仮想通貨を禁止するのではなく、

日本同様、本人確認を徹底する、といった程度でした。

 

日本が先行し過ぎているのかも? とっくの昔から、本人確認や銀行口座など、他の

証券会社や銀行と同レベルで口座開設手続きがされてきてますから。

税制だけは別ですが、(´;ω;`)ウゥゥ

 


<Sponsered Link>



 

21日の記事(こちら)に、今の税制で恐ろしいパターンについて記載しました。

今日は逆の少し面白いパターンを紹介します。

あくまでも私の見方ですので、内容については一切責任を持ちません、(;^_^A。

 

(事例)

①BTCが200円の時に、2BTC分のアルトコインAを購入

②BTCが100円に下がったが、アルトコインAは新規上場の噂で2倍の4BTC分に

③BTC建てでの数量を増やすイメージで投資しているため、②で利確しても

BTCは倍に増えるが円換算するとレートは半分なので、差し引き0円です。

今のひどい税制だと、この場合、BTC建てでは儲かってますが課税は無しです。

④BTCが反転上昇し、3ヶ月後に元の200円に

→ 何もトレードしてないが、手元には4BTCがあり、円換算すると

①の時の倍に円換算資産は増えてますが、納税はなし。

但し、円換算すれば、そのその時点で新たにBTCの平均取得レートとの差分で

課税されますので注意が必要です。(前回の記事と同じ)

 

いかがでしょうか? 瞬間の円換算でしか仮想通貨取引を見てない人から見れば、

③の利確はしないでしょう。円換算では全く利益が出ていませんから。

少なくとも、長期でみてBTCが上昇する、と考えていれば③のタイミングは

非常にラッキーな事が分かります。

 

でも・・・、当然逆なケースも起こり得ます。

損してるのに、円換算すると儲かっていて、課税される・・・(´;ω;`)ウゥゥ

トレードした瞬間の円換算利益に対して課税されてしまう、これこそ

今の仮想通貨税制における、最大の問題点なのです。

 

投資は自己責任です。

<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください