ふるさと投資(セキュリテ)

投資生活@田舎です。

ふるさと納税の納付先って、どのように選定されてますか?

もちろん、欲しい返礼品が基準ですよね? でもそれだけだと何か、寂しくありませんでしょうか?

同じ返礼品なら私は、一度行ってみて自然が豊かで将来も同じ自然が残ってて欲しいと思った街、何度も訪れてお世話になっている街、自分のふるさと、に納付して自然形成に役立てて欲しいと思ったりするわけです。

実際、小さな自治体は「ふるさと納税」の納付金で助かっているようです。ただ、この制度が急に変更になったりした後が怖いですが・・・。

ふるさと納税もこの「セキュリテ(ミュージックセキュリティーズ株式会社が運営するクラウドファンディング)」も、地域(ふるさと)へお金を回していく仕組みは同じと思ってます。今後も「ふるさと納税」カテゴリーでご紹介していければ、と思っています、おまけです・・・。


<Sponsered Link>



ふるさと納税 と セキュリテ(外部サイトへのリンクです) を早速比較してみましょう

1.うれしい点(私の気持ちです)

ふるさと納税 : 地域特産(返礼品、国は3割が上限と通達)

→       すでに私のお気に入りにも影響が・・・。

セキュリテ  : 特典品(ファンドによる)

2.支払いとリターン?

ふるさと納税 : 納付される方の所得に応じて決まる上限内で納めた、年間の納付金額に対し、2千円を引いた額が確定申告で控除の後、還付されます。(実際の還付額計算は管轄の税務署にご相談ください)

セキュリテ  : ファンドに出資金した金額に対し、事業計画の進捗に応じて分配金(リスク有)が支払われる仕組みで、想定売り上げに未達か超過することで分配金が増減します。

各ファンドへの出資額に上限はありません、口数を選ぶ形(口数で特典品が変わるケースが多いです)になり、口数は個人の自由ですね。ふるさと(地域)に寄付するくらいのつもりで、且つ小遣いから出すくらいの金額の方がいいと思います。満了まで1~2年くらいかかりますので、気長にのんびり、特典と分配金を待ちましょう。

但し、上記記載のリスクとは出資先事業の破綻リスクのことです。最悪の場合、分配金をもらう前に破綻する可能性も否定できません。(投資なので自己責任ですね)

 この間、投資したファンドのご紹介です。

たまたま、テレビで地元の美味しいもの紹介コーナーで、、この「へぎそば」を見てて一度食べてみたいなぁと思ってたので、即決しちゃいました。

 

地域(ふるさと)の特産品を全国に紹介するきっかけに貢献出来ればいいと思ったものです。

 

まさに「ふるさと納税」でその地域の特産品生産者の方を応援しているのと同じ気持ちです。

 

 

ちなみに、このファンドの概要ですが、左のように必ず、ファンドには募集期間が設定されており、この期間内に資金が集まらないケースも想定されるわけです。

 

その場合はファンド募集主が残金を自力で調達するか、あるいは精算(出資者に返金)になるようです。

 

このファンドは無事実行されているようで特典品が楽しみです。

 

 

 

参考までに特典品を紹介しているページを貼り付けておきます。

誤解のないように申し上げますと、特典品で募集しているわけではなく、あくまでもファンドの趣旨を理解し賛同する方が出資するものであり、半分寄付になっているファンドもあります。

とはいえ、早くそば食べたいです...。

 

 

 

 

投資は自己責任です。
<Sponsered Link>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.